5月20日(月)〜5月26(日)のこと

先週に引き続き、あったことを項目ごとに書いてみる。

夫の誕生日


先週は娘の誕生日があったが、今週は夫の誕生日があった。そう、娘と夫は誕生日が1週違いなのである。

誕生日当日は新居の寸法を測りに行き、わりとクタクタになりつつも、夕飯は今の家に住みはじめてからずっと気になっていた駅前のタイ料理屋へ行ってみた。

何を食べてもおいしくて最高だった。予約時に4歳の子どもがいると伝えたら、店の一番端っこの座敷席を用意してくれたのも嬉しかった。引っ越す前に行けてよかった。

でっかい口を開けてパクチーサラダを食べる夫を見ながら、いつまでもこの人と仲良く暮らしたいな〜と思った。私は夫の口が好き。

THE MATSURI SESSION


5月26日に日比谷公園大音楽堂で開催された「THE MATSURI SESSION」に、妹と行ってきた。

↑これ。

今まで行ったどのライブより飲酒率が高くてよかった。転換のたびにアルコール飲料を求めて売店ダッシュする人がたくさんいて笑ってしまった。わかる、わかるけどさ。

ライブはもちろん超かっこよかった。ZAZEN BOYZもKimonosもかっこよかったが、この日私が一番心に残ったのは、向井秀徳アコースティックギターを掻き鳴らしながら一人で歌った『はぁとぶれいく』だった。かっこすぎた。こ〜〜〜んなに切ない歌だったんだな。


www.youtube.com

向井秀徳が「なーんで俺はこんな所でこんなこんなことをしてる いつまでたってもやめられないのね」って歌ったときに、私はアルコールでぼやんぼやんになった脳みそで一生懸命「やめらんないならしょうがないか。しゃーないから開き直って生きていくしかないか」とか考えてた。

最高だった。

まあまあ酔いながら「真理の扉docomoショップバージョンだ!」と思って撮影した写真。今見ると全然違うな

ライブ後は酔いさましも兼ねて東京駅まで歩いて帰った。丸の内周辺は木が多い。道が広い。ところどころに設置されたベンチでイチャイチャしているカップルにすら品が漂っている。全体的に余裕があってなんかムカつく。さっきまでたくさんいた酒臭い人は一人も居ない。なんでだよ。みんな地下鉄で帰っちゃったの?

ハリとツヤのある上等っぽい生地のトップスを着た女性が、海外ブランド洋服店の前に突っ立って、ウィンドウ越しに飾られたヒールの尖った靴をうっとりと眺めていた。この人の人生には、私が1ヶ月の間に動かす金より高いこの靴を買うという選択肢があるんだなぁと思った。

朝ドラを見て、人生をショート動画にしたときのことを思う

『虎に翼』を見始めた。シナリオやキャラクターの良さはもちろんなんだけど、とにかくテンポが良くて見ていていて飽きないのがいい。

私は30分の間に殺人〜推理〜解決まで行う、アニメ『名探偵コナン』ですら、スマホをいじらずに見るのがむずかしいくらい飽き性なのだけれど、そんな私が『虎に翼』は毎日しっかり視聴できている。すごい。

1回15分という短い時間の間にめまぐるしく物語が動く。トラブルが起きる、人と話す、一人で考える、泣く、誰かと笑う。なんにもない、心が動かされない日がないのがいい。毎週金曜日には必ず1つの山場を迎えるのもいい。気持ちいい。

ただ悲しいのは、魅力的なキャラクターとのお別れが多すぎるように感じること。いや、生きていたら出会いと別れがあるのは当然だけど、当然なんだろうけど、でもまだ2ヶ月しか経ってないのにもう会えない人が多すぎるよ!!!!しんどい。あの〜〜〜私の心が持たないので、どこかで登場人物全員登場幸せ最高回をやってもらえませんか?無理でしょうか?

寂しすぎてバッド入って「人生をショート動画にしたら別れのほうが多いように感じるのかな〜」とかまで考えて泣いちゃったりもしました!!!そりゃさ〜〜〜私だって出会いより別れのほうが印象に残ってる人のほうが多いよ。寅子はお別れすることになってしまった人の思いを背負って、そんで頑張ろうとしてるから別れのシーンを強調するのは当たり前なのかもしれんけど……そうだけど……。

はぁ〜〜〜ん!!!でも悲しいよ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!ウオオオオ〜〜〜〜〜優三さ〜〜ん!!!

娘主演ミュージカル「雲の妖精」

ここ最近雲の妖精を自称している娘ですが、このまえ電車の中で唐突に「ルルル〜あたちは〜くものようせい〜あの雲からやってきた〜♪」と歌い始めてかなり最高だった。親として誇らしい。